植毛するなら人工毛と自毛のどっちがいいのか

オリジナル見出し01

頭髪が薄くなってくると誰もが自分の外見に自信が持てなくなってしまいます。



これまでうまくいっていた仕事やプライベートでの恋人との交流などもどこか引っ込み思案になり、支障をきたす機会も出てくることでしょう。



こうした精神的なショックを改善するためには薄毛をもたらした原因とその対策を進めていくことが大事ですが、しかしこれらの薄毛治療はどうしても効き目が現れるまでに時間がかかるもの。

もっと短期間で大きな効果を得たいと願うのであれば、専門医療を用いた植毛を試してみるとよいでしょう。



薄毛治療の専門クリニックで行われる植毛施術には人工毛を使ったものと自毛を使ったものがあります。



お値段的には人工毛の方が安く、最近の人工毛はその素材もとても良質で本当の毛との差も分からないほど。

一方の自毛を使った植毛になると、まずは薄毛ではない健康的に生えている頭髪を頭皮ごと切り取るところからはじめなければなりません。


こうすることによって頭髪の毛根をきちんと包み込むような形で採取します。



そして薄毛に見舞われている側の頭皮にパンチのようなもので穴を空け、そこに自毛を頭皮ごと植え込んでいくというわけです。



このようにして自毛を使った場合、人工毛に比べて施術の費用はかかりますが、しかし自分の頭髪であるという強みゆえに植毛したあとの定着率が高く、新たな頭皮組織とよく馴染んでいくという傾向が見られます。

様々な治療を試した末に、どれもあまり効果が見られなかった際に実践してみると、突破口が開けることができるでしょう。

関連リンク

  • タイトル21

    「地肌が透けて気になるけど、かつらはかぶりたくない」「頭部周辺の毛が薄くなってきて、周りの毛ではもう隠せなくなってきた」そんなお悩みを抱えた人の多くが、AGA対策のために自毛植毛を選ぶと言うケースが近年増えております。ここで重要になるのが、自分は何本の毛を後頭部から移植する必要があるかを予め調べておく事です。...

  • タイトル22

    現在行われている植毛手術の中でも最新技術とされているのはニードル法という注射器のような特殊な機械を用いた植毛方法で、この方法を使うと自分の髪の毛を植え付けることができるので、色なども自然なので、外見上は全く問題が無く仕上げられます。またこの方法では髪の毛の成長に関連している細胞なども同時に移植するので、植えられた髪の毛が時間と共に成長していきます。...