何本の植毛が必要かを調べる方法

オリジナル見出し01

「地肌が透けて気になるけど、かつらはかぶりたくない」「頭部周辺の毛が薄くなってきて、周りの毛ではもう隠せなくなってきた」そんなお悩みを抱えた人の多くが、AGA対策のために自毛植毛を選ぶと言うケースが近年増えております。

ここで重要になるのが、自分は何本の毛を後頭部から移植する必要があるかを予め調べておく事です。



自毛植毛を選ぶ方の多くが、20代~40代のサラリーマンと言うことで、決してお金持ちの人達だけの手術ではありません。



しかし、決して安いというわけでもない為、多くの方は予算内で済ませてしまうことが殆どなのです。予算が足りない為に、「植毛しても満足できなかった」と言うことがないためにも、予め調べておく必要があるのです。


ここで、お医者様に診て貰わないと何本必要かなどわからない。



と思っている人が多いのですが、自分で簡単に調べる方法があるのです。



正確な本数ともなれば、確かに病院でカウンセリングを受け、お医者様に薄毛の状態を診断してもらう方が良いのですが、大体の本数を調べるならば、自宅にある物で計算することが可能なのです。



透明のラップを気になる部分に当てます。鏡を見ながら薄毛が気になる部分をマジックで三角形や円形、四角形と言った簡単な図形の輪郭をなぞり、その面積を計算します。
面積×50で出た数字が、植毛に必要な数の大体の毛の本数と言うことになります。



その後、クリニックで料金を調査し、どれだけの費用がかかるのかを確かめて始めることが出来るのです。
後悔しない為にも予め自分で調べていくと良いでしょう。

関連リンク

  • タイトル21

    現在行われている植毛手術の中でも最新技術とされているのはニードル法という注射器のような特殊な機械を用いた植毛方法で、この方法を使うと自分の髪の毛を植え付けることができるので、色なども自然なので、外見上は全く問題が無く仕上げられます。またこの方法では髪の毛の成長に関連している細胞なども同時に移植するので、植えられた髪の毛が時間と共に成長していきます。...

  • タイトル22

    自毛植毛をする前に、きちんと覚えておきたいのが、術後のケアについてです。自毛植毛とは、自分の髪の毛を使用するので、拒絶反応が起こらないことで知られ、更に、生きた髪の毛を植毛するので、ただ植えるだけの人口毛と違い、術後に髪が伸びていきます。...