植毛の最先端技術について

オリジナル見出し01

現在行われている植毛手術の中でも最新技術とされているのはニードル法という注射器のような特殊な機械を用いた植毛方法で、この方法を使うと自分の髪の毛を植え付けることができるので、色なども自然なので、外見上は全く問題が無く仕上げられます。



またこの方法では髪の毛の成長に関連している細胞なども同時に移植するので、植えられた髪の毛が時間と共に成長していきます。



植毛をされた髪の毛が成長するためには毛乳頭だけでは不十分で、発毛遺伝子も同時に移植をしないと髪の毛として成長を続けることがありません。



発毛遺伝子も同時に植毛することができるニードル法では周囲の血管に細胞がつながって、そこから栄養分が供給されるようになって、結果的には髪の毛が成長するようになります。
料金は300本で50万円程度と高額なのですが、かつらなどとは違って、自毛が生えるようになるので手入れなどに費用がかからないので将来的なコストは低く抑えることができます。



人工の髪の毛を使用してしまうと手入れをする時には専門の理容師にカットなどを依頼しなけらばなりませんでしたが、自毛が成長する方法を使うと、面倒な手間が一切かからないので、ストレスも大幅に軽減されます。



植毛される髪の毛の細胞は男性ホルモンの影響を受けにくいとされる後頭部の髪の毛なので、薄毛の進行を止めることができます。
またシャンプーなども普通に行うことができるので、旅行先などでも安心して入浴することができます。



関連リンク

  • タイトル21

    現在行われている植毛手術の中でも最新技術とされているのはニードル法という注射器のような特殊な機械を用いた植毛方法で、この方法を使うと自分の髪の毛を植え付けることができるので、色なども自然なので、外見上は全く問題が無く仕上げられます。またこの方法では髪の毛の成長に関連している細胞なども同時に移植するので、植えられた髪の毛が時間と共に成長していきます。...

  • タイトル22

    自毛植毛をする前に、きちんと覚えておきたいのが、術後のケアについてです。自毛植毛とは、自分の髪の毛を使用するので、拒絶反応が起こらないことで知られ、更に、生きた髪の毛を植毛するので、ただ植えるだけの人口毛と違い、術後に髪が伸びていきます。...